大阪プロレス

大阪プロレス 試合結果

過去の試合結果
試合開催スケジュール

大阪プロレス試合結果 最新の試合

2012年2月
« 1月   3月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
272829  

大阪プロレス試合結果 カテゴリー

大阪プロレス試合結果 過去の試合結果

2月26日試合結果
2012.2.26

 

2月26日(日)「サタデーナイトストーリー」
松下IMPホール 13:00開始 観衆712人

■タッグマッチ20分1本勝負
 ○アルティメット・スパイダーJr&タコヤキーダー
 (9分47秒ファルコンアロー→片エビ固め)
 ×瀬戸口直貴&影山道雄
※勝利したタコスパタッグ。スパイダーがマイクを取ると、タコヤキーダーとアルティメット・スパイダーJrが別々の道を歩みだしたことを話し、タコスパタッグの封印を発表した。

■6人タッグマッチ30分1本勝負
 松山勘十郎&×くいしんぼう仮面&えべっさん
 (11分59秒足四の字固め)
 ○華名&救世忍者乱丸&アップルみゆき

■大阪プロレス選手権試合次期挑戦者決定時間差バトルロイヤル 時間無制限勝負
 ○ブラックバファロー
 (12分41秒オーバーザトップロープ)
 ×タイガースマスク
※退場順1、2:30小峠篤司 2、6:30タダスケ 3、6:34ツバサ 4、9:41政宗 5、10:20秀吉 6、10:23ヲロチ
※オーバーザトップロープのみでの決着となる特別ルール。
※最初に登場したのは小峠とタダスケ。長期戦が不利となる試合だけに序盤からめまぐるしい攻防。次に登場したのは秀吉。タダスケは秀吉と共に小峠を叩き落し小峠が失格。秀吉とタダスケがまさかの落とし合いを繰りひろげる中、続いてツバサが登場。秀吉とタダスケの攻撃の矛先はツバサに向く。ツバサが華麗なルチャで2人をいなすとバファローが登場。続いてヲロチが登場し、JOKER優勢に。しかし、エプロンでツバサがタダスケをフランケンシュタイナーで叩き落しタダスケが失格。すぐにタダスケがツバサを場外から引き摺り下ろしツバサも失格。2対1となるバファロー。さらに政宗も登場しバファローが防戦一方に。耐えるバファロー。そこにタイガースが登場。タイガースがバファローとの連携で政宗を落とし政宗が失格。さらに秀吉、ヲロチを叩き落しタイガースとバファローの一騎打ちに。最後はバファローがタイガースの一瞬の隙をつき場外へ落として勝利。バファローは試合後「今日のオレは運も味方にした!来週、今日のメインの勝者と当ててくれ!この運が流れないうちに勢いに乗ってベルトを獲ってみせる!」とマイク。

※休憩前に韓国のプロレスラー、ユン・ガンチョルが3月3日より参戦すると発表。ユン・ガンチョルが登場し日本語でファンに挨拶をした。続いて阪上雄司会長が登場。7月22日に大阪府立体育会館第1競技場にて「大阪ハリケーン2012」の開催を発表した。

■大阪プロレスタッグ選手権試合 時間無制限1本勝負
 <王者組>空牙&○HAYATA
 (19分07秒ヘデック→片エビ固め)
 <挑戦者組>×三原一晃&入江茂弘
※王者組が3度目の防衛に成功。
※熊のオーバーマスクをかぶり、出で立ちをそろえて登場した三原&入江のグリーンベアーズ。圧倒的なパワーと体格を生かし王者組を攻めるが、王者組も場外戦を駆使してペースを握らせない。三原が捕まり苦しい展開となるものの、入江に交代すると凄まじいパワーでHAYATAを紙屑のように蹴散らす。しかし、終盤イス攻撃でペースを乱されたグリーンベアーズは入江が空牙のアトミコを喰らい戦線離脱。三原とHAYATAの一騎打ちとなるが、HAYATAの完璧なヘデックが決まり決着。試合後、空牙はスパイダーを呼び出し「タコスパ解散、お前が道に迷ってるならJOKERが受け入れたろうやんけ!」と言い、JOKER使用のスパイダーマスクを見せる。空牙は「来週のサタナイでこたえをきかせてもらおうか。」と言い去っていった。まさかのJOKER勧誘にスパイダーの出す答えとは!?

■大阪プロレス選手権試合 時間無制限1本勝負
 <王者>×ビリーケン・キッド
 (33分55秒片山ジャーマン・スープレックス・ホールド)
 <挑戦者>○原田大輔
※王者が3度目の防衛に失敗。原田大輔が第23代王者となる。
※序盤はじっくりとした展開となるが、ビリーが原田の右腕に照準をしぼるとビリーが優勢に。原田はこれを耐え、反撃のチャンスをうかがう。ビリーの隙をついた原田が反撃に移ると場外のビリーへ強烈なフットスタンプを見舞う。原田はボディへの集中攻撃を繰り出すが、ビリーも即座に反撃。一進一退の攻防に場内はヒートアップ。終盤、ビリーが渾身のファイヤーバード・スプラッシュを放つが原田が回避。これに大ダメージを負ったビリーが原田のニーアッパー連発を喰らいダメ押しの片山ジャーマンで3カウント。大阪シングルベルト初戴冠となった原田は次の挑戦者のバファローと睨み合う。バファローが去るとファンやパートナーの小峠に感謝を述べた。

Copyright(C)2009 OSAKA-PROWRES All Rights Reserved.